<<< Vol.01 >>>
movies

mizuho

高校野球の夏の本格的シーズンを前に、春の地方大会の結果が気になる毎日。まじで。
世間を騒がす問題多発で高校球児たちが心配ですが、今年も熱い夏を是非とも突っ走りたいなあ。

ここ最近はぽつぽつ邦画を
01

静かな生活(1995)
深夜に突然始まって、結果朝まで付き合ってしまったという、よくある話ですが。障害者の兄とかわいい妹がいたわり合う優しい映画です。最近は何をしてるのかなーこの人?佐伯日菜子さんが妹役でとにかく画面できらきらきらきらしてました。それだけで充分ですが、観た後すぐは、誰かに優しくなれる気分でした。

   
02 金田一耕助「悪魔の手毬唄」(1977)
横溝正史×市川崑×石坂浩二のシリーズ2作目。高村大好きなんですこのシリーズ。何度観ても毎回ビビって、毎回最後はせつなさに感動しています。この映画は「犬神家の一族」よりは小振りな感はありますが、映像美はまったく劣らずでうっとりします。出演者も毎回だいたい同じなのが安定感あっていいとこですね。
   
03 アイデン&ティティ(2003)
青春映画。あつくて何がわるいのさ。青く行こうぜ、ただまっすぐに青く。と観た後は心からそう思った。
 
movies

mizuho

仕事がひましてたものですから、今月頭に再度『2001年宇宙の旅』を見ちゃってからというものの、
第3次宇宙ブーム到来。まず、地球のくらし、なんとかしないとなんですが。

宇宙もの、3タイトル。
01

2001年宇宙の旅/STANLEY KUBRICK
言わずと知れた名作。2001年は過ぎましたが、内容、デザイン、ストーリーいろんな面でこの映画はもっと先を行っているような気がします。自分自身も追いついていないので、最後のシーンの意味はまだわかりません。いつかわかる日が来るように、真面目に生きてゆきます、天国のキューブッリック様。

   
02 E.T./STEVEN SPIELBERG
言わずと知れた名作。私たち、セキメン商事では、1ヶ月に1回は必ずE.Tの話題が出てきます。こんなに、みんな気になっちゃうのに、当の本人(E.T.)は、宇宙に帰る事ばっかり考えています。
あれ、ほんとに宇宙人なのかなぁ。
   
03 Powers of Ten/Charles&Ray EAMES
10の累乗で世界を切り取っていき、わずか10分程度で、宇宙に到達します。また戻ってきたかと思うと、今度は、細胞の旅へ。10分で宇宙まで到達できる方法を考えるなんて、合理的で賢いですね。私は家から最寄り駅まで10分です。
 
movies

mizuho

暖かくなってきましたので、朝は少し早く起きれる様になりました。
天気が良いだけでテンションがあがります。相変わらずおかしな夢をよく見ています。夢日記付けてます。

日本人でよかったなあ
01

憲法を変えて戦争へ行こうという世の中にしないための18人の発言/岩波ブックレット
黒柳徹子、吉永小百合、美和明宏をはじめとする豪華著名人が、憲法九条を変えないための発言をしています。私の身近では、戦前、戦後の両方の時代を知っている方の話は、なかなか聞けないものです。新しい憲法ができて「戦争を放棄します」となった事は、本当に嬉しい事だったのでしょう。装丁は副田高行氏

   
02 この国が好き/マガジンハウス 鎌田實・文 木内達朗・絵
子供に読み聞かせしている様な優しい本です。60年間、憲法九条に守られてきて日本。戦争を知らない私たち。戦争の恐ろしさを忘れてはいけない。小学校、中学校の教科書に、私が文部省だったら是非とも認定したいですな
   
03 憲法九条を世界遺産に/集英社新書 太田光 中沢新一
爆笑問題の太田だ!と思って衝動的に購入。まだ読み始めたばかりですが、対談なのでまた違った感じで勉強になります。太田!さすが芸人
 
movies

mizuho

現実世界ではなかなか上手く行かない事や辛い事が多いけれど、
空想世界で生きていれば楽しい事ばっかりでへっちゃらだもんね〜。 今日も空想世界へ行ってきます!!!

この漫画のヒロインになりたいの☆
01

タッチ/あだち充
王道ですが、絶対なりたい南ちゃん。全てを兼ね備えていてその上みんなのアイドルなところが羨ましい。たっちゃん、かっちゃん、新田君みんなが南を好きで南困っちゃよ。
でも南は昔からたっちゃん一筋です。たっちゃんもはっきりしてくれなくて南ははがゆい日々を送っております。

   
02 天使なんかじゃない/矢沢あい
こちらも王道。高校生になったら自分は絶対みどりちゃんになれると疑わなかったものです。順風満帆な学園ライフ。ブレザーの下にはパーカーを着て、髪型は絶対ポンパドールにして、あぁ晃みたいな人に恋をしたらどうしようとかと日々悩んでいた訳です。まぁそんな心配はもちろん必要なかったんですけど。
   
03 るきさん/高野文子
最近はもういろいろとあきらめ始めたので、るきさんみたいな感じもいいかなと。るきさんは自由人。人の目も気にしなし、ほんわかしつつも自分の道を突っ走っている姿はかっこいい〜。あきらめ始めたといいつつも捨てられないものも多い私はるきさんに頭があがりません。