<<< Vol.11 >>>
items

u-pa-

くらげ好きなんですが、表紙を作りながら、くらげのDVDを流していたらスカートに見えてきました。

癒し三種
01

Jellyfish
くらげのDVD。くらげの泳ぐ姿が延々続きます。流れる音楽も癒し系。ずっと見ていたら眠くなってきちゃいました。

   
02 刹那/小沢健二
2003年に出ているアルバム。最近よく聴いています♪
   
03 紅茶
珈琲をよく飲むけど、ほんとうは紅茶のが好き。特にアッサムティーとチャイが好き。「ティータイムよ!」なんて、のんびりとした生活が送りた〜い。
   
 
sleep

omonagamaru

年々やる気がなくなっているようで先行きが不安でたまりません。

ねむる
01

朝の電車で
最近は何よりも朝に乗る電車の中で眠る時間に幸せを感じています。この電車に乗るためならば駅までのダッシュもなんのその。隣の人に小突かれながらも終点までの30分間は至福の時です。

   
02 カーペットで
仕事から帰ってご飯食べて、お風呂がたまるまでカーペットで寝ます。暖かくてとても幸せ。お風呂がたまっても眠いので寝ていると、父が必ず「風呂はいれー!」と言うので毎回喧嘩勃発です。「風呂に入れ。」と言われると入りたくなくなるのなんででしょうか?
   
03 土日 もねむる
一日中、漫画片手にカーペットでごろごろできる一番素敵な土曜日と日曜日。もうただただ一生このままでいたいと思いながらうとうとと眠りにつく。カーペットが暑くなりすぎてたいてい悪夢を見ますが、別にいいんです。
 
musics

mizuho

卒業の季節。街中に流れるサヨナラまた会おうソング。袴の女子と卒業証書を手にした制服たち。
その光景が一瞬スローに流れてみえて、胸がざわざわします。
その季節の感情をからだが覚えているからなのか。冬もおわるし、やさしくなりますね。

3月といえば
01

巣立ちの歌(小6)
「花の色 雲の影 懐かしい あの想い出 過ぎし日の 窓に残して 巣立ちゆく 今日の別れ」小学校の卒業式で歌いました。幼なじみが弾くピアノの伴奏がやさしくて、舞台の上で歌いながら6年間(ほとんど後半)の思い出を回想していたのを覚えています。しっとりしてて、歌詞もしずかで。いい曲です。でもシメは蛍の光でした。

   
02 大地讃頌(中3)
「母なる大地を ああ たたえよ大地を ああ」中学3年生の時は、この歌しか記憶に無いぐらい、よく歌っていた気がします。歌詞の意味など全く考えず、壮大な感じと四部合唱の気持ちよさだけで充分楽しめました。卒業式向けの曲なのかはわかりませんが、この曲は歌っておいた方が盛り上がるだろうという空気がありました。
   
03 さくら 森山直太朗(20代)
我らがK沢を卒業する頃にやたらかかっていて、その時期は振り回されました。卒業したくないとあれほど思ったこともなかったので、さくらが聞こえるたびにいちいち感情を乱していたのを思い出します。一番直結しちゃうのはやはり歌詞ですかね「さらば友よ またこの場所で会おう」普段聞いてもいい曲ですよ。
 
movies

macat

年をとったせいか、まったく恋愛ものを求めません。コメディ。ユーモアこそすべて。

すっかりコメディ。
01

ダージリン急行/ウェス・アンダーソン監督
これからみようと思っているんですが、ウェス・アンダーソン監督作品の常連さん、ジェイソン・シュワルツマンさんがいい味出してそうです。音楽も、キンクス・ストーンズなど使用され楽しめそうです。

   
02 天才マックスの世界/ウェス・アンダーソン監督
こちらもウェス・アンダーソン監督作品。ジェイソン・シュワルツマンさんがまたまたいい味出しています。そして、またまた、いい味出してる、ビル・マーレイ。
   
03 バス男/ジャレッド・ヘス監督
何年も前から、友達に勧められていましたが、最近やっとみました。早くみとけばよかった。とても楽しかった。ペドロという、やる気のないような高校生が出てきますが、似ていると言われました。主人公ナポレオンダイナマイトのダンスシーンいいです。